私のコンセプトに基づいた自邸の建築
 ~ エコ住宅の実現 ~ あこれみはなハウス 

2011年

7月

24日

造作キッチン

 

造作キッチンです。

 

この面はガスコンロとオーブンが設置される面。

 

上部は食器棚と小物収納棚が整列!! 

 

これ、キッチンシンク面のカウンターです。

 

もちろん、青ヒバのカウンター。長さ2700mm。

 

手づくりカウンターですぞ ョ!

 

設置後に真ん中に穴を開けて…

 

職人手作りのアンダーシンクが納まります!

2011年

7月

22日

吹き抜け

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吹抜けですよ…。 イイ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吹抜の手摺がこんな感じです。親父のデザインで製作。

 

勝手にやられました…。

 

けど、イイ感じにできてます!流石。

 

やるな~

2011年

7月

21日

階段

階段
階段

階段です。

 

材主はタモ。

 

もちろん無垢。

手摺
手摺

手摺です。

 

これは踊り場に設置されます。

 

愛娘達の転落防止のために製作。 

 

愛をこめて… 万字型!?

2011年

7月

20日

1階内装 階段部分の壁漆喰塗り

1階内装
1階内装

1階内装 階段部分の壁漆喰塗り

 

階段の設置を先行するため、休日の合間を利用し、自分でホタテ漆喰を施工しました。

 

自分は何でもやる人間なので、これくらい朝飯前です!

 

30分くらいの施工でこの仕上がり!どうよ!

 

「人間やる気があれば何でもできる!」

 

 

コスト削減を図るにはこういったセルフビルドも必要!

 

内装仕上げをやりたい施主様には、喜んで施工していただきます!

やみつきになるほど楽しいですよ。

1階から2Fを見上げた様子
1階から2Fを見上げた様子

1階から2Fを見上げた様子

 

2階の床板張りも残りわずか。

 

1階の天井も同時に完了

 

なので、達成感は2倍!

 

作業時間は1/3で済みます!

2階の壁
2階の壁

2階の壁にもホタテ漆喰塗りを施します。

 

今回は漆喰に青森ヒバのおが屑を混ぜて施工します。

 

施工初日は海に来たかのように、海の香りが漂います。

 

しかし次の日には、青ヒバの香りが現場全体に漂ってます。

 

 

 

ヒバの香りは心が安らぎます。

 

やっぱいいっス!!!!!

2011年

7月

19日

2011.7.19 外装工事 板張り終盤

外装工事 板張り終盤
外装工事 板張り終盤

手前のブルーシートは加工スペースの日除け!

 

外装杉板の加工は、棟梁の親父が一所懸命やってます!

外装工事 板張り終了
外装工事 板張り終了

ようやく外装板張りが終了しました。

 

妻側軒下部には三角?台形の明取りガラスも取付けられました

南面の画像
南面の画像

南面、エントランス上部の3枚のFixガラス窓。

 

その下の開口部、1階の玄関引き戸は、青森ヒバと青森杉で製作される幅1,350mm。

 

高さは2,100mmの、大型の断熱建具が入ります。

2011年

7月

13日

2011.07.13 内装 杉床板張り 施工開始

内装 杉床板張り 施工開始
内装 杉床板張り 施工開始

青森県産杉 厚さ42mmの床板を施工します。


当社では床に断熱材を使用しません。

 

この厚板の断熱性が期待できるためです。

 

事実、これまで施工してきた施主様からも足元の冷たさ、室内の暖かさが評価されています。
   

 

 

 

                
通常は、①根太敷き→②断熱材敷き→③捨張り合板張り→④仕上げフロア張りの施工方法となり、材料費・施工費も工程ごとに、おのずとかかってきます。
                         
当社で使用している杉板は、製品は高価なものであるが、これを一枚施工するのみなので、トータルコストは安価となります。

2011年

7月

12日

2011.7.12 外装 杉板張り(大和張り)

外装 杉板張り(大和張り)
外装 杉板張り(大和張り)

製材所から納品された杉の破風板で外壁を仕上る。

 

この日は一階北側を張り終えました。

 

大和張りは通常の通気胴縁の施工を省け、施工ができ、外壁の通気がきちんととれるのため、これも材料費、施工費共にコスト削減となる。

 

 

 

 

 

 

当社ではいつも行っていることなのですが、それは「材料を無駄にしない」ということ。

 

この外壁材についても製品(長さ4m)を無駄なく施工するため、設計段階で階高を細かく計算し、材料ロスを極力なくしコスト削減に努めている。

2011年

7月

09日

2011.7.9 「青森ヒバdeすべり出しサッシinペアガラス」

青森ヒバdeすべり出しサッシinペアガラス
青森ヒバdeすべり出しサッシinペアガラス

サッシも自社設計、自社製作品となります。


日本ではほとんど見かけることがない「木製サッシ」。

 

アルミや樹脂といった既製品サッシが当たり前のようですが、私にとっては「木製サッシ」が当たり前。

 

海外では多く使用されているもの事実。

 

特に寒い地域では当たり前の様に使用されています。
                             
断熱、結露防止には木製サッシが一番!
                                       
地元の青ヒバで造ります!
                

 

 

今回紹介するサッシは、

 

「青森ヒバdeすべり出しサッシinペアガラス」

下の写真が日陰で自然乾燥中の建具框材。

 

自然乾燥により材に含まれる油の流出を抑えます。

建具枠材
建具枠材

工場で、加工して現場に運びます。

取り付けた枠材
取り付けた枠材

現場に納め取り付けた枠材。


現場は青森ヒバの香りに包まれました。


サッシの障子が着くのが待ちどおしいです。

 

(^_^)

2011年

7月

08日

2011.7.8 構造内部

構造内部
構造内部

この建物の内部に柱は5本しかない。

 

一階には1本。二階には4本。

 

現在にも、将来にも、間仕切を自由に変更できるよう構造を簡略化しました。しかし手抜きじゃありません。

 

 

 

 

 

 

いわば「スケルトンインフィル住宅」

 

内部の壁を極力無くす工法の住宅。

 

柱梁工法。

 

一階中央に見える柱は県産のタモ材。4寸角の硬い柱です。

 

二階の4本の柱は屋根の棟の荷重を下階へ伝えるための大切な柱。将来、子供部屋を間仕切るための主要な柱にもなります。

2011年

7月

07日

2011.7.7 外壁面 透湿防水シート施工

2011.07.07 外壁面 透湿防水シート施工
2011.07.07 外壁面 透湿防水シート施工

 

躯体外壁面の内部結露と建物内部への

 

風雨の浸入防止のために施工します。 
                  

 

内部床に使用される青森杉の縁甲板。

 

厚さは42mm。1階床には断熱材を

 

使用しなくても十分な断熱効果が得られる。

 

ローコスト住宅にはうってつけの製品

これはフォレストボードというもの。

 

写真のものは厚さ50mm。
杉の樹皮を使用し製品化したもので、秋田県能代市にて生産されている。

 

当社では、これを断熱材兼壁の下地として使用している。

 

これも後に、トータルに考えるとローコストな材料となる

2011年

7月

06日

2011.7.6 野地板張り

2011.07.06 am 野地板張りの最中
2011.07.06 am 野地板張りの最中

2011.07.06 am 野地板張りの最中

 

炎天下の中の作業となりました。
桁側の軒の出は3尺(90センチ)。

妻側の軒の出は2尺5寸(75センチ)。

 

屋根の軒の出を大きくするのには理由があります。

1.雨から建物を守る。

2.日差しをコントロールする。

 

私たちが使う傘と同じ役目、考え方です。

2011.07.06 pm 野地板張り終了
2011.07.06 pm 野地板張り終了

2011.07.06 pm 野地板張り終了

 

その後、2寸垂木の施工。

 

この屋根は「2重屋根」になります。 

 

2寸垂木の間に断熱材(フォレストボード)施工。

 

2寸垂木により通気層を確保し、

 

屋根面の内部結露と温度上昇を防ぎます。

2011年

7月

05日

2011.7.5 本日の作業終了

2011.07.05 本日の作業終了
2011.07.05 本日の作業終了

構造体は人間レッカーにて棟まで組上りました 。

重機の使用なし。これもエコ建築の一環です。

手前のブルーシートの中の材料は明日使用する、

垂木梁(赤松)と野地板(杉)。

双方共、大変立派な青森県産材。

野地板は厚さ42ミリの縁甲板であり、天井の仕上にもなる。この材は後に1階、2階の床板にも使用される。

2011年

7月

05日

「祝」 柱 立(上棟)

私のコンセプトに基づいた自邸の建築 

 

~ エコ住宅の実現 ~ あこれみはなハウス 
 
必要最低限の居住空間に、


必要最低限の生活機能、

 

必要最大限の自然の恵を取り入れます。
                           

2011.07.05 祝 柱立(上棟)
2011.07.05 祝 柱立(上棟)


建設地:青森県平川市唐竹
敷地面積:約925㎡(280坪)
建物用途:専用住宅
構造:木造二階建(長尾式在来工法)
規模:1階床面積 42.96㎡(13坪)
2階床面積 42.96㎡(13坪) 
延床面積 85.92㎡(26坪)

青森県産材を使用してエコポイントをもらおう!!

「あおもり型県産材エコポイント」と「地域材活用促進支援」のダブルチャンス!! なんと!最大61万円相当!!「じゃっぱくらふと」も事業者に登録されました。 詳しくはコチラで!

営業時間

8:00~17:00 

(24時間連絡可)

定休日

日曜日、年末年始 

お問い合わせ

TEL: 0172-88-6646

Cell: 090-9636-4818

お問合わせはこちらから

 

・木材→県産材木
・塗料→OSMO

      リボス